廃棄|マイナンバーステーションの機能紹介

マイナンバーeラーニング【GOODJOB】

機能紹介|3.廃棄

削除理由の入力

マイナンバーを削除する時には削除履歴の記録が必要です。
記録することにより、紛失・漏えいではなく正規の手続きで削除したことを証明することができます。

マイナンバーステーションではマイナンバー削除時に削除理由の入力を必須項目にしており、運用で削除理由の入力が漏れないよう仕組化しています。

削除証明書

削除したマイナンバーに対しては削除証明書を発行することが可能です。

削除証明書によりマイナンバーステーション内に該当者のマイナンバーが保管されていないことを証明することが可能です。

削除予約

マイナンバーを一定期間保存したうえで削除する場合、削除時期は退職時ではないため管理が必要になります。
また適切なタイミングで改めて削除することが必要です。

マイナンバーステーションでは退職、取引中止等の理由でマイナンバー取扱業務がなくなった際、その時点で将来の削除予約日を設定することが可能です。取扱業務の終了とマイナンバーの削除時期が違う場合に便利な機能です。