マイナンバー制度への対策|企業向けマイナンバーステーション

マイナンバーステーション

マイナンバーeラーニング【GOODJOB】

お問い合わせ・資料請求

キャンペーンの詳細はこちら

もう制度はスタートしています!今すぐ対策を!

マイナンバー制度が始まりました。それに伴い、企業担当者は社内の体制整備を行わなければいけません。制度開始後には様々な混乱や問題が生じることが予想されます。万全な体制づくりこそが重要なポイントとなります。

社内体制の構築の必須項目は以下の3つとなります。これらに適応した書類の作成や周辺環境の整備などの準備を進めましょう。

社内体制の構築に必要な3項目

基本方針の策定・取扱規程の策定・安全管理措置の構築

企業が講じなければいけない、マイナンバーの4つの安全管理措置とは

組織的安全管理措置・人的安全管理措置・物理的安全管理措置・技術的安全管理措置

マイナンバー制度開始にあわせて、企業は情報漏えい等のリスクを防止するために安全管理措置を講じなければいけません。
組織的・人的・物理的・技術的と大きく4つに分類され、それぞれに対して適切な対策を行いましょう。
特に技術的安全管理措置は、不正アクセスを予防しなければいけない点などから、社内の対策のみでは十分な対応が難しいとされていますので、ご注意ください。

リスク回避として
企業は安全管理措置を講じなければいけない!

安全管理措置をすべてクリアするためには、社内体制の整備とシステムの活用が最適です!

社内の「組織的安全管理措置・人的安全管理措置」、システムの「物理的安全管理措置・技術的安全管理措置」

組織的・人的・物理的安全管理措置は社内ルールの作成等で対応も可能だが、継続的に運用していくことは難しい…。
さらに技術的安全管理措置は社内でゼロからの構築をするには、時間とお金がかかります…。

3,000円で始められるマイナンバー管理システム マイナンバーステーションなら

運用とセキュリティを両面から考慮した完全版機能紹介

多様な取得方法

スマホで取得

担当者による通常の入力の他に、従業員等がスマートフォンやパソコンから直接マイナンバーを入力する「個人番号一括収集機能」を準備しているほか、既存の従業員台帳から一括登録することも可能です。

さらには入力業務自体を外部委託する取得代行サービスも提供しています。
自社の状況に合わせて、取得方法を選択できます!

業務負担を軽減する便利機能

各種システム連携

マイナンバー利用時には記録をとらなければいけません。マイナンバーステーションでは「いつ、だれが、何の目的でマイナンバーを利用したか」を自動記録するため、担当者の負担となる作業が不要です。

また給与・会計・労務等の各種システムとAPI・CSV連携しておりますので、便利な実務対応が可能となります。その他にも、不要な番号を保管することを防止する「削除予約機能」など便利な機能を多数搭載しております。

安全管理措置が講じられた高度なセキュリティ機能

乱数表による認証

企業が一番注意しなければいけないのがセキュリティ問題です。

マイナンバーステーションでは多重化したファイアーウォールの設置やデータの暗号化、さらにはシマンテック社のワンタイムパスワードを用いたマルチ認証を構築と、国内最高レベルのセキュリティシステムで、不正アクセスから貴社のマイナンバーを守ります。また、利用状況を通知する機能を搭載しておりますので、社内の不正利用を抑制することが可能となっております。

導入企業の声

photo01

卸売業(食品関係)A社 従業員58名

マイナンバーをきっかけにシステム導入を決めました。
セキュリティ性の高さと使い方のカンタンさが決め手です!
マイナンバー制度は罰則が強化されていると知り、担当者として今までの紙管理に不安を感じていました。
高度のセキュリティでしっかりと守られている点や、実際に触ってみて簡単に操作できた点が決め手となりました。月3,000円と負担なく始められたので、導入してよかったです。

photo01

製造業(金属加工)C社 従業員約300名

マイナンバーの利用時の記録方法などわからないことだらけでしたが、システムなら安心して運用できます!
マイナンバー制度によって新たに行わなければいけない業務があると聞き、とても不安に感じていました。
システムを使うことでだれでもわかりやすく管理することが出来るとわかり、それぞれが誤った認識のもとで運用せずに済むため、安心して制度開始を迎えられます。

リースナブルな価格でご提供!利用料金