とにかくオフィスステーションは使いやすい。スタッフが「これが良い」と言う、ただそれだけ。

システム導入

社会保険労務士法人クラシコ

社会保険労務士法人クラシコ
大阪府大阪市
https://classico-os.com/

栓を開ければ水が出てきて、閉めれば水が止まる、そんな水道の口のように、
かんたんで誰もが安心して使っていただける社労士事務所を目指し、時間の
かかる給与計算や煩雑で難しい社会保険・労働保険の事務手続きなどにおいて
中小企業をサポートしています。

インタビュー

代表 柴垣様

水口様

-はじめに社労士になったきっかけを教えていただけますか?

柴垣様:派遣会社に勤めているときに、スタッフの派遣を求める企業の共通点に気付きました。「そこの会社で働きたいと思えるような環境になってない」ということです。もちろん時期による業務量の波に応じてご利用いただいている企業もありますが、退職者が多い、採用ができないという課題を持っている企業様のほうが圧倒的に多かったです。「こうしたら安定雇用につながるのでは」というような労働時間や賃金に関する提案をしても聞いてもらえないだろうし、派遣会社の立場なのでそもそもそんな提案はできません。

もともと私自身も起業の意思がありましたが、この気づきが社会保険労務士という専門資格と結びつきました。派遣会社の社員ではなく「先生」としてのアプローチで、しっかりそういった企業の環境整備をできる仕事がしたいということで社労士になりました。

-そこから現在開業5年目ということですが、事業を行う上での理念や今後の展望は?

柴垣様:“かんたんで安心できること”。

とにかくシンプルに簡単であるべきだと思っています。特に手続きなどの事務代行業務というのは、高い報酬をもらうのではなく、どうやったらもっと安く提供できるだろうと考えるのが経営者の仕事だと思います。

事業の特徴としては大規模受注型なので、もうみんなが戦えないぐらいの安価に設定したいすでね。「社労士さんと契約する」というよりはBPO業者に頼むという感覚で良いと思います。事務代行業務に関しては日本一安く、どこにでもある身近な、例えば牛丼の吉野家さんのように。そのうえで社労士として、コンサルタントとしての付加価値のある仕事をしっかり全国的に展開できる組織になりたいと思っています。

 

-その仕組みづくりにおいて、労務手続きに関してはオフィスステーションをご利用いただくことになりましたがクラウド化も踏まえてお決めいただいたのですか?

柴垣様:いや、その点は当たり前すぎて。「クラウド使わないの?クラウドじゃなかったら他何なの?」という感覚なので。

クラウドだから良かったというよりは、オフィスステーションはシステムの作りこみが良かったです。

とにかくオフィスステーションは使いやすい。

僕がオフィスステーションを決裁したわけではなくて、スタッフが「これが良い」と言う、ただそれだけ。

 

―オフィスステーション導入前、どのような課題がありましたか?

水口様:別の、比較的以前からあるシステムを使って電子申請もおこなっていましたが、例えば新規適用届であったり、対応していない手続きも多くそれらはすべて書面で申請していました。

あと動作スピード、エラーの多さ、サポート(コールセンター)の対応に不満があったので使いにくいと感じていました。システムがサクサク動かないのは結構なストレスなんです。

―オフィスステーション導入でその課題は解決できましたか?

水口様:もちろん。特にシステムが止まるストレスがゼロなので、余計なことに気を使わなくてよくなりました。結構大きなことですよ。

柴垣様:そういう声(システム動作不良の不満)聞かなくなったね。本当に。

 

―顧問先へのアカウント発行機能もお使いいただいていますが良かった点は?

水口様:一番は申請依頼機能ですね。従業員情報はお客様に登録してもらって、こちらでは確認しながらボタンを押していくだけ、申請するだけなので、時間短縮になります。公文書も今までは一旦ダウンロードしたものをメールで送っていましたが、WEBからお客様がダウンロードできるようになったので、ここを短縮できたのもとても大きいですよ。

柴垣様:入社のご連絡であったり、顧問先からFAXでもらって、それをまさか僕らがシステムに打ち直すなんてことはほぼないです。

 

―そのほかの機能のご感想はいかがですか?

水口様:マイナンバーの入力の仕方がわかりやすい。登録したマイナンバーは取り出しをしないと目に見えないことと、取り出したときにメールで通知が来るようになっているのも良いと思います。お客様にも「管理がしっかりしている」と感じていただけると思います。

 

―今後オフィスステーションに期待することはなんですか?

水口様:事務組合の帳票に対する対応が今年度できるということで、心待ちにしています。

柴垣様:電子申請ランキングのようなものは出しませんか?

 

―例えば○○アワードのような?

柴垣様:そういうものがあれば本気で狙っていきたい。

 

水口様:あとはパソコンの操作が得意でないお客様もいらっしゃるので初期設定をこちらで終わらせてからアカウント情報をお渡ししたい。その場合、(アカウント情報の誤送信による情報流出などを防ぐために)例えば二重認証のための乱数表には任意のパスワードを設定できればいいなと思います。

 

―現在社労士事務所からアカウントを発行して、顧問先の企業様のほうで乱数表のダウンロード等、初期設定を行う想定の仕様です。社労士事務所主導でも顧問先様のアカウント情報の設定をすることでさらに利便性が向上するのか、すごく大事な検討ポイントです。

その他、各種機能に関するご要望やご提案もいただきましたが、貴重なご意見ありがとうございます。

オフィスステーションがより良いものになるよう努めますので今後ともよろしくお願いいたします。本日はありがとうございました。

PAGE TOP