最新情報
人事労務クラウドソフト「オフィスステーション」がシェアNo.1を獲得

お知らせ

労務管理クラウド市場においてシェアNO.1
 株式会社エフアンドエム(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:森中一郎、以下「エフアンドエム」)が提供する、アラカルト型 人事労務クラウドソフト「オフィスステーション」は、IT専門調査会社「デロイト トーマツ ミック経済研究所株式会社」が実施した「HRTechクラウド市場の実態と展望 2020年度版」において、2020年の労務管理クラウド市場(出荷社数)で、シェアNo.1を獲得しました。

1. 採用が飛躍的に進む人事労務クラウドソフト

 新型コロナウイルスの感染拡大や、政府の文書電子化推進方針を受け、各企業ではバックオフィス業務のデジタル化が急務となり、人事労務クラウドソフトの導入が飛躍的に進んでおります。デロイト トーマツ ミック経済研究所によると、労務管理クラウド市場は2020年度に前年比 156.8%となり、2021年度は151.7%(2020年度比)のマーケットになると予測されております(※)
(※)出典:デロイト トーマツ ミック経済研究所株式会社/HRTechクラウド市場の実態と展望 2020年度版

2. 人事労務クラウドソフトは「パッケージ型」と「アラカルト型」の2種類

 人事労務クラウドソフトは、複数の機能がまとめられた「パッケージ型」と、必要な機能ごとに導入できる「アラカルト型」の2種類に分類されます。

 エフアンドエムでは長年バックオフィス特化型のコンサルティングをおこなってきた経験から、バックオフィスのデジタル化は業務の性質上、一足飛びにはできず、優先度の高い業務から段階的に進める必要があると考えております。そのため、人事労務クラウドソフト「オフィスステーション」では、アラカルト型の提供形態をとっております。

 アラカルト型のメリットは、既存の導入システムとの機能重複が起きにくく、使わない機能に費用を払い続ける無駄も生じない。この点がパッケージ型と比較した際の優位点であり、それぞれの企業に寄り添ったソフトウェア理念が支持され、シェアNo.1を獲得したと考えております。また、利用継続率も99.3%と非常に高い水準で推移しております。

 オフィスステーションは、「全ての人が本業や人でなければできないことに集中できる世の中を創造する」ことをミッションに掲げています。このミッションを遂行するにあたり、「人事・労務を誰でもできるようにする」というコアバリューに基づき、今後も多くの企業・士業の皆様にお役立ていただける人事労務クラウドソフトとして進化してまいります。

3. 業績へ与える影響について

 当社業績に影響を与える可能性がありますが、現在精査中であり、何らかの影響を確認次第、適時開示いたします。

【オフィスステーションについて】

 オフィスステーション( https://www.officestation.jp/ )は、企業内で担当者がおこなう業務を効率化するとともに、それに関わる全従業員の社内業務を効率化する
”アラカルト型”人事労務クラウドソフトです。「オフィスステーション 労務」「オフィスステーション 年末調整」「オフィスステーション 給与明細」「オフィスステーション 有休管理」等で構成され、必要な機能・使いたい機能だけを選んで低価格で導入できるという特長を持ちます。

【会社概要】

会社名:株式会社エフアンドエム(英文名:F&M CO.,LTD.)
証券コード:4771 (東証JASDAQ)
代表者:代表取締役社長 森中 一郎
設立:1990年(平成2年)
資本金:9億5,000万円(2020年12月末現在)
連結売上高:75億6,306万円(2020年3月期・連結)
事業内容:
個人事業主及び小規模企業向け会計サービス
中堅中小企業向け管理部門支援サービス(エフアンドエムクラブ)
中堅中小企業向け財務・補助金支援サービス
会計事務所向け支援サービス (経営革新等支援機関推進協議会/TaxHouse)
社会保険労務士事務所向け支援サービス(SR STATION)
ISO・Pマーク認証取得支援サービス
パソコン教室
アラカルト型 人事労務クラウドソフト販売(オフィスステーション)
経営革新等支援機関関連業務
事業所:大阪本社・東京本社・名古屋支社・福岡支社・仙台支社・札幌支社・沖縄支社
従業員数:488人(2020年3月末現在・連結)
URL:https://www.fmltd.co.jp/

※ 本件に関するお問い合わせ先:オフィスステーション事業本部 佐々木 宗一郎
  TEL: 06-6339-7205  mail: info@officestation.jp
(9:30~17:00 土・日・祝休)

一覧へ戻る