成功事例

学生アルバイトが多く占める飲食業で、年末調整を電子化! 業務を合計1カ月前倒しで完了できた秘訣とは

株式会社壱番屋
  • 人事部労務課長 安藤 さま
  • 人事部人財課主任 鑓水 さま
INTERVIEW

法改正もあり煩雑になった年末調整を、スマートに電子化!

御社事業のご紹介と、導入に至った経緯について教えてください。

安藤さま : 当社は「カレーハウスCoCo壱番屋」を運営しており、店舗数は全国に約1,260店、うち130店が直営店です。
近年は、年末調整の法改正により書類が増え、管理が煩雑かつ複雑になっていました。直営スタッフの人数は約3,500名ですが、そのほとんどが店舗勤務のパート・アルバイトさんです。勤務地がバラバラな従業員に対し、法改正などの詳細を周知するのもなかなか難しく、一方で世の中は年末調整の電子化が当たり前になりつつありました。こうした流れも踏まえ、当社も年末調整の電子化をしようという話になり、システム検討に入った次第です。

鑓水さま : 年末調整は6名体制で通常業務の合間に取り組んでいます。メンバー構成としては、私が実務のメインを担当し、安藤は他部署への情報共有や全体のサポートを主に担当しています。それぞれ通常業務の傍らでおこないますので、毎年、年末調整の時期はかなり忙しく、煩雑さが課題になっていました。

導入にあたって、最も重視した点や決め手になった点があれば、教えてください。

安藤さま : まずは、当社の従業員規模にマッチしているシステムかという点です。
もう1つは、私たちの疑問に対して、きちんとしたサポート体制を取っていただけるかという点です。
いくつかのシステムと比較検討しましたが、オフィスステーションは私たちの要望に一番マッチしていて、ここなら安心してお願いできそうだと感じ、導入を決めました。実際、年末調整の開始前に事務レベルでの運用手順や作業、人事システムとのデータ連携のフォローなど、きめ細やかに対応していただき、安心して活用できました。

年末調整を知らない従業員に対して、適切なサポートで素早い運用を目指す

続いて、導入後のお話を伺いたいのですが、パート・アルバイトが多い業種ですと、理解度などの部分で、運用面での難しさがあるという意見も伺います。その点について、壱番屋さまはどのように感じ、どのように対応されたのでしょうか。

安藤さま : もちろんマニュアルを作成し、従業員に周知する対応はしました。ただ私たちも、導入する前から「紙であろうと、データであろうと、根本的な大変さは変わらないだろう」という割り切りがありました。
当社は学生アルバイトさんが多く、おっしゃる通り、年末調整の目的が分からないまま実施しただろうと感じることも多々あります。またマニュアルを読んでもらっても、その内容が複雑であることに変わりはありません。根本的な大変さは変わらずとも、「紙よりデータで対応した方が書類のやり取りが減る分、楽だろう」というスタンスで取り掛かり、結果「楽になったかな」と感じています。

鑓水さま : パートさんの方は慣れているのですが、やはり学生アルバイトさんは年末調整の経験が少ない中でデータ入力をするので、驚くようなミスが今年もありました。
例えば、扶養家族の欄に自分の家族の情報を入力していたり、収入と所得の違いが分かっていなかったり。入学年月日の欄に生年月日を入力していた方もいました。1つ1つは笑い話ですが、こうしたミスが例年より少なくなったものの、今年も発生はしていましたね。

安藤さま : 紙での運用をしていた際は、不備があったら本人に直接返却するのではなく、店長や営業所の事務員経由で不備内容を伝えて返却していました。これがデータになったことで、不備内容を本人に直接伝達できるようになり、店長や営業所の事務員は楽になった一方で、ミスの状況を把握できず、「適切なサポートができなくなった」という弊害はあったかもしれません。
とはいえ、電子化したことで「システムの誘導に沿って入力すれば書類が完成する」というシンプルなフローになり、ミスの全体件数は減少したと感じます。

約1カ月の業務前倒しを達成!

当初の目的にもありました、業務の煩雑さの解消には繋がっていると感じますか? ぜひ、具体的な改善工数などが見えていれば、教えてください。

安藤さま : 作業工数を厳密に算出していませんが、かなり改善されたと思っています。もちろん、紙での作業がなくなった分、他の作業が発生した部分はあります。ですが、スケジュール的には、もともと3週間程かかっていた作業が、2週間に短縮されるなど、目に見えて作業工数は減りました。
また、画面での確認が可能になったので、テレワークで対応できるのも、大きな業務改善点です。

鑓水さま : 今までは、各部署で回収した書類を毎週1回まとめて提出してもらい、到着した書類を仕分け、確認をするフローになっていました。これが電子化されたことで、データが提出されたものから随時確認できるようになり、前倒しで作業に取り掛かれるようになった点は大きいです。
年末調整全体の作業でいえば、紙対応の場合、例年11月末まで年末調整をし、そこから人事システムに入力してチェックという流れを取っていました。年末調整計算実行後も書類の保存等、毎年1月末頃まで年末調整の諸々作業をしていましたが、今年はこうした後処理も含め、年内にすべての作業が完了していたので、業務改善に大きくつながっていると感じています。

安藤さま : 店長や事務員も、おそらく差し戻しの際のチェック作業がなくなったので、負担は軽くなっていると思います。来年度はより効率的な運用に改善していきたいと思っています。

ありがとうございました。これからも御社の効率的な運用の支援ができるよう、オフィスステーションの改善を続けてまいります。

「オフィスステーション 年末調整」の詳しい情報を見てみる

実際にどう変わったのか ご利用者さまの体験談

庁内の年末調整の工数を70%以上削減し、年末の労働環境を改善
従業員数:約1,600名 #地方公務

庁内の年末調整の工数を70%以上削減し、年末の労働環境を改善

彦根市役所 さまの体験談はこちら
労務内製化で「ミス減少」と「コスト削減」を同時に実現
従業員数:約500名 #社会福祉・介護事業

労務内製化で「ミス減少」と「コスト削減」を同時に実現

社会福祉法人淳風会 さまの体験談はこちら
全国5,000名の手続き業務を5名が担当。ライクキッズが目指す「DX推進の理想像」とは?
従業員数:約5,000名 #教育

全国5,000名超の手続き業務を数名で担当。ライクキッズが目指す「DX推進の理想像」とは?

ライクキッズ株式会社 さまの体験談はこちら
圧倒的なコスト削減と負担軽減を実現し、社内で表彰された「電子化」の詳細
従業員数:約4,500名(パートタイマー・契約社員を含む) #ビルメンテナンス業

圧倒的なコスト削減と負担軽減を実現し、社内で表彰された「電子化」の詳細

株式会社ボイス さまの体験談はこちら
“多拠点展開“と”柔軟な働き方“に伴う「手続き業務の多さ」を解決するために
従業員数:約500名 #情報サービス、印刷

“多拠点展開“と”柔軟な働き方“に伴う「手続き業務の多さ」を解決するために

株式会社KDC さまの体験談はこちら
人事・労務のデジタル化を進める第一歩として「Web給与明細」を選んだ理由
従業員数:約570名 #学校法人、教育

人事・労務のデジタル化を進める第一歩として「Web給与明細」を選んだ理由

学校法人常磐大学 さまの体験談はこちら
従業員数:約1,500名 #洋菓子製造・販売事業、喫茶・レストラン事業

「あらゆる手続き業務の効率化」を見据えたモロゾフが最初に解決した課題とは?

モロゾフ株式会社 さまの体験談はこちら
200以上の拠点とのやり取りをなくし「書類提出フロー」を1本化した効果とは?
従業員数:約900名 #不動産管理

200以上の現場とのやり取りをなくし「書類提出フロー」を1本化した効果とは?

総合システム管理株式会社 さまの体験談はこちら
スープストックトーキョーが「雇用契約」と「情報の一元管理」の課題を同時に解決した方法
従業員数:約1,600名 #飲食サービス業

スープストックトーキョーが「雇用契約」と「情報の一元管理」の課題を同時に解決した方法

株式会社スープストックトーキョー さまの体験談はこちら
「バックオフィス業務を本部に集約させながらも残業を減らす」仕組み作りのために
従業員数:約10,000名 #教育・医療

「バックオフィス業務を本部に集約させながらも残業を減らす」仕組み作りのために

学校法人順天堂 さまの体験談はこちら
新規予算なしで年末調整・労務手続き・マイナンバー管理を電子化した方法
従業員数:約2,000名 #学校法人、教育

新規予算なしで年末調整・労務手続き・マイナンバー管理を電子化した方法

学校法人関東学院 さまの体験談はこちら
「システム関連に精通した社員」がいなくても導入・運用できる、その理由
従業員数:約24,400名 #外食事業

「システム関連に精通した社員」がいなくても導入・運用できる、その理由

株式会社 物語コーポレーション さまの体験談はこちら
バックオフィス業務を削減し、本質的な業務に着手できるように
従業員数:約340名
#国産および輸入果物・加工食品・洋菓子販売、洋菓子製造、フルーツパーラー・レストラン事業

バックオフィス業務を削減し、本質的な業務に着手できるように

株式会社 千疋屋総本店 さまの体験談はこちら
株式会社ミキハウス様インタビュー
従業員数:約1,100名
#子ども服の企画・製造・卸売り・小売り

「従業員の働きやすさ」を追求する人事・労務のシステム選びとは?

株式会社ミキハウス さまの体験談はこちら
株式会社ミキハウス様インタビュー
従業員数:74,633名 (うち内務職員20,767名)
#生命保険事業、資産運用、ヘルスケア

計4,280時間を削減!日本生命が導入から3年でおこなった効率化の工夫とは?

日本生命保険相互会社 さまの体験談はこちら
従業員数:約900名 #菓子・スナック事業

湖池屋が経験した業務の「劇的な」変化、その全貌とは

株式会社湖池屋 さまの体験談はこちら
株式会社HOWA様 導入事例インタビュー
従業員数:3,420名(2021年3月末 グループ全体)
#自動車用内装部品の企画・開発・製造・販売

「デジタル化への反対」はどのように乗り越えることができるのか?

株式会社HOWA さまの体験談はこちら
福岡大学
従業員数:約5,000名 #学校法人の運営など

三つ折り作業に仕分け作業も、毎年派遣スタッフを雇っての年末調整作業はWeb化によって大きく変わる

福岡大学 さまの体験談はこちら
株式会社壱番屋
従業員数:約3,500名(パート・アルバイトを含む) #飲食事業

学生アルバイトが多く占める飲食業で、年末調整を電子化! 業務を合計1カ月前倒しで完了できた秘訣とは

株式会社壱番屋 さまの体験談はこちら
西日本旅客鉄道株式会社
従業員数:約27,000名 #運輸業など

基幹システムの改修、年末調整の電子化にあたり必要だったこととは

西日本旅客鉄道株式会社 さまの体験談はこちら
株式会社サンドラッグ
従業員数:約13,500名(パート・アルバイトを含む) #小売業(ドラッグストア)

導入4年目で年末調整の電子化を99.9%達成! サンドラッグが取り組んだ効率化の秘訣

株式会社サンドラッグ さまの体験談はこちら
株式会社大創産業
従業員数:約47, 000名 #小売業

47,000名の全国スタッフの年末調整を電子化へ! ダイソーが初年度から成功できた理由

株式会社大創産業 さまの体験談はこちら
株式会社ナリタヤ
従業員数:約1,150名(パート・アルバイトを含む) #小売り(スーパー)

個人情報等もストレスフリーかつミスも軽減!スーパーナリタヤがスムーズな導入を叶えた理由

株式会社ナリタヤ さまの体験談はこちら
キリンシティ株式会社
従業員数:約750名(アルバイトスタッフ含む) #飲食業

年末調整のペーパーレス化で業務工数を大幅削減。入社手続きや給与明細の電子化も推進

キリンシティ株式会社 さまの体験談はこちら
ポリゴンマジック株式会社
従業員数:200名規模 #デジタルエンタテインメントコンテンツの企画制作
舞台・映像・イベント制作事業

トライアルで使いやすさを実感して即決。年末調整やe-Govの申請工数を大幅削減できました。

ポリゴンマジック株式会社 さまの体験談はこちら
従業員数:284名/パート・アルバイト1,063名(2020年3月31日 現在) #飲食事業・ブライダル事業

ペーパーレス化で、本社も店舗も 書類処理がスピーディーに。

株式会社一家ダイニングプロジェクト さまの体験談はこちら
従業員数:4,334名 #住宅・不動産

年末調整書類配付とデータ入力の大幅な削減に成功!

ポラス株式会社 さまの体験談はこちら
株式会社スヴェンソンホールディングス
従業員数:813名(2021年4月現在 / グループ連結) #ヘアケア・コスメティック・スポーツ事業

問い合わせの手間も省略! 年末調整業務の時間が約半分に!

株式会社スヴェンソンホールディングス さまの体験談はこちら
従業員数:約140人(2017年12月末現在) #特別養護老人ホーム等の運営

役所への移動時間が削減。電子申請もわかりやすく、すぐに完了!

社会福祉法人 茨木厚生会 さまの体験談はこちら
従業員数:400名(2019年4月末現在) #小売り(アパレル)

電子申請義務化が導入のきっかけ。低コストで、大量の作業負担を軽減。

株式会社ANAP さまの体験談はこちら
従業員数:1,000人(2019年8月末 現在) #人材派遣

休日出勤や残業時間の課題を解決。 行政機関への手続きがボタンひとつで!

株式会社フォーラムジャパン さまの体験談はこちら

利用社数40,000※1 継続率99.3※2%

※1. 2024年04月末日時点 ※2. 2020年4月~10月までの全製品合計のご利用継続率(キャンペーン除外)

※上記シンボルマークはオフィスステーションシリーズのいずれかの製品をご利用いただいている企業のものです。