成功事例

全国5,000名超の手続き業務を数名で担当。ライクキッズが目指す「DX推進の理想像」とは?

ライクキッズ株式会社
  • 業務部労務課 主任 関 公太 さま
  • 業務部労務課 澄川 真 さま
  • 業務部労務課 田中 虹歩 さま
課題
  • 郵送手続きによる従業員・労務担当者双方の負担増
  • 情報伝達の不備から「手続きのやり直し」が発生
  • 紙媒体の仕分け・管理による労務業務の負担
導入の効果
  • 従業員・労務担当者双方の労務手続き時間の大幅短縮
  • リアルタイムで齟齬のないコミュニケーションが可能に
  • DX推進に向けて新たな課題と目標意識の創出
INTERVIEW

「従業員と手続きをリアルタイムで確認しあえるツール」を求めて

はじめに、事業内容について教えてください。

澄川さま : 認可保育園、学童クラブ、児童館の運営や事業所内の保育施設の受託運営をおこなっており、運営施設は全国で400ヶ所以上あります。全国で5,000名を超える従業員が、各施設でお子さまの保育と施設運営に携わっております。

特に東京、神奈川、埼玉で非常に多くの施設を運営されていらっしゃいますね。今回インタビューを受けいただいている皆さまは東京本社にて労務手続きを担当されていますが、日々の業務で特に気を付けている点はありますか?

澄川さま : 労務手続きを担当しているのは私たちを含めて数名ですので、日々効率的な業務遂行が求められます。
特に気を付けていることは、日々施設で働く従業員とのコミュニケーションで「正しい情報をわかりやすく伝えること」です。直接顔を合わせる機会はほとんどありませんので、手続き内容を伝える・確認する際は、電話・メールを使用します。その際に認識の齟齬が出てしまうと、手続きの回数が増えてしまうなど従業員にも負担がかかってしまいます。

従業員約5,000名を5名の皆さまでご対応されているのですね! 業務の効率化では、そのほかどのような工夫をされているのでしょうか?

澄川さま : いくつかありますが、特に意識したのは紙媒体の書類のやり取りをなくすことです。手続きで何か不備があった際に「郵送─記入─返送」を繰り返すことが、従業員と私たち双方の大きな負担になっていました。
「従業員ともっとリアルタイムでやり取りしあえるツールがないか」という問題提起が、オフィスステーションを導入したきっかけでした。

2021年から本格的に開始された、労務業務の「紙からデジタルへの移行」

ありがとうございます。2021年に「オフィスステーション 年末調整」を導入いただきましたが、導入前において苦労した点や大変だった点はありますでしょうか?

関さま : 当時は別のものが担当しておりましたが、それまでは年末調整を紙媒体でおこなっていたこともあり、労務側の負担が非常に大きかったと聞いています。
書類に不備があったときは一人ひとりの個別対応になるのですが、今でも「もしこれが紙のやり取りだったら」と思うと、当時の苦労が目に浮かびます。

現在のところは、ご負担は解消されているのでしょうか?

関さま : はい。「オフィスステーション 年末調整」を導入したことで「紙媒体のやり取りが一切なくなったこと」は大きいと思います。
個別対応の際も、申請された情報をすぐにデータで確認できますので、再回収の手間もほとんどかからずに済んでいます。

よかったです! 気になる点や課題はありますか?

関さま : 現在のところは、大きな課題もなく運用できていると感じております。
もちろん、紙の申請からデータでの申請へとフローを変えましたので、これまでの紙の手続きに慣れていた従業員からは、「前の方がよかった」とお話をいただくこともあります。
ですが、全体で見ると「現在のフローになって楽になった」という従業員の方が圧倒的に多いですね。また、事前に操作マニュアルを送付するなど、PCやスマホを使っての申請に不慣れな方に対してのフォローもおこなうようにしています。

そのようなお話を伺えてうれしいです。
2023年には「オフィスステーション 労務」「オフィスステーション 給与明細」も導入いただきましたが、これらについても導入前のご状況を教えてください。

澄川さま : 以前は年末調整だけでなく労務手続きのほとんどが紙媒体でしたので、やはり毎回の郵送フローが大変でした。
不備の対応もそうですが、そもそも郵送業務は仕分けもしなくてはなりませんから、管理も非常に手間がかかります。忙しい時期では「書類が問題なく届いたかどうか」のチェックで不整合が出てしまうこともありました。

非常に大変な業務であったとお察しします。「オフィスステーション 労務」を導入されてからは、いかがですか?

田中さま : 入社手続きは非常にスムーズになりました。
個人的にとても便利になったと感じられるのは、「PCやスマホを通じて、従業員と同じ画面を見ながらお話ができる」ことです。
「この項目は、〇〇の内容で問題ありませんか?」と聞きながら手続きをすることもできますので、短時間で齟齬のないやり取りが可能になりました。

従業員と、画面を一緒に見ながら手続きを進められるのはいいですね。

田中さま : はい。操作も簡単でしたし、分からないことがあってもオフィスステーションに問い合わせるとすべて解決できましたので、私たちの方でもすぐに使いこなせるようになりました。

有効にご利用いただけて、嬉しいです! 「オフィスステーション 給与明細」については、いかがでしょうか?

澄川さま : 給与明細については、以前から電子データでおこなっていました。ですが、当時使用していたツールは給与明細専用のもので、ほかの業務との情報連動ができませんでした。
「オフィスステーション 給与明細」の導入によって年末調整など、ほかの労務業務と情報を共有しながら手続きを進められるようになったことは非常に大きいと思います。

DX推進によって、関わる人たちに「便利になった」と実感してもらうことが目標

ライクキッズさまは、DX推進も精力的にお取り組みされていると伺っております。
現在の課題や今後の取り組みについても、教えてください。

田中さま : 業務に関わる人たちが、より効率的に、かつストレスなく情報の共有をおこなえるようにしていきたいと考えています。
たとえば従業員の住所情報などの変更があった際、労務担当者とはオフィスステーションを利用して手続きが可能です。その際は、単に「手続きをつつがなく進める」だけではなく、「各関係者にとって必要な情報が、適切かつ安全に共有される」環境構築を、オフィスステーションで実現していきたいです。
また、手続きごとに担当者が分かれておりますので、必要となる情報を担当者間でシームレスに共有できる仕組みも作っていきたいですね。

関さま : どんなに便利なツールでも、利用する従業員が「便利になった」と感じていただかなければ効果は出にくいでしょう。
年末調整では、手続きマニュアルを更新して不明点が極力出ないように取り組んでいます。社会人経験の浅い従業員に向けては「そもそもなぜ年末調整が必要なのか」「この時期に手続きをする理由」などの理解も深めていただけるよう、説明会や個別のフォローもおこなっています。

澄川さま : 従業員にとって、労務手続きはふんだんにあるものではありませんので、急に「このツールを使ってください」と言われても、今までのやり方と違っていたら戸惑ってしまうはずです。
私たちは電子化をおこなううえで、従業員が「これを使うことで、便利になる」ことを実感していただける状態にしていくことが非常に重要だと感じています。

本日は貴重なお話をありがとうございました!

「オフィスステーション 労務」の詳しい情報を見てみる 「オフィスステーション 年末調整」の詳しい情報を見てみる 「オフィスステーション 給与明細」の詳しい情報を見てみる

実際にどう変わったのか ご利用者さまの体験談

庁内の年末調整の工数を70%以上削減し、年末の労働環境を改善
従業員数:約1,600名 #地方公務

庁内の年末調整の工数を70%以上削減し、年末の労働環境を改善

彦根市役所 さまの体験談はこちら
労務内製化で「ミス減少」と「コスト削減」を同時に実現
従業員数:約500名 #社会福祉・介護事業

労務内製化で「ミス減少」と「コスト削減」を同時に実現

社会福祉法人淳風会 さまの体験談はこちら
全国5,000名の手続き業務を5名が担当。ライクキッズが目指す「DX推進の理想像」とは?
従業員数:約5,000名 #教育

全国5,000名超の手続き業務を数名で担当。ライクキッズが目指す「DX推進の理想像」とは?

ライクキッズ株式会社 さまの体験談はこちら
圧倒的なコスト削減と負担軽減を実現し、社内で表彰された「電子化」の詳細
従業員数:約4,500名(パートタイマー・契約社員を含む) #ビルメンテナンス業

圧倒的なコスト削減と負担軽減を実現し、社内で表彰された「電子化」の詳細

株式会社ボイス さまの体験談はこちら
“多拠点展開“と”柔軟な働き方“に伴う「手続き業務の多さ」を解決するために
従業員数:約500名 #情報サービス、印刷

“多拠点展開“と”柔軟な働き方“に伴う「手続き業務の多さ」を解決するために

株式会社KDC さまの体験談はこちら
人事・労務のデジタル化を進める第一歩として「Web給与明細」を選んだ理由
従業員数:約570名 #学校法人、教育

人事・労務のデジタル化を進める第一歩として「Web給与明細」を選んだ理由

学校法人常磐大学 さまの体験談はこちら
従業員数:約1,500名 #洋菓子製造・販売事業、喫茶・レストラン事業

「あらゆる手続き業務の効率化」を見据えたモロゾフが最初に解決した課題とは?

モロゾフ株式会社 さまの体験談はこちら
200以上の拠点とのやり取りをなくし「書類提出フロー」を1本化した効果とは?
従業員数:約900名 #不動産管理

200以上の現場とのやり取りをなくし「書類提出フロー」を1本化した効果とは?

総合システム管理株式会社 さまの体験談はこちら
スープストックトーキョーが「雇用契約」と「情報の一元管理」の課題を同時に解決した方法
従業員数:約1,600名 #飲食サービス業

スープストックトーキョーが「雇用契約」と「情報の一元管理」の課題を同時に解決した方法

株式会社スープストックトーキョー さまの体験談はこちら
「バックオフィス業務を本部に集約させながらも残業を減らす」仕組み作りのために
従業員数:約10,000名 #教育・医療

「バックオフィス業務を本部に集約させながらも残業を減らす」仕組み作りのために

学校法人順天堂 さまの体験談はこちら
新規予算なしで年末調整・労務手続き・マイナンバー管理を電子化した方法
従業員数:約2,000名 #学校法人、教育

新規予算なしで年末調整・労務手続き・マイナンバー管理を電子化した方法

学校法人関東学院 さまの体験談はこちら
「システム関連に精通した社員」がいなくても導入・運用できる、その理由
従業員数:約24,400名 #外食事業

「システム関連に精通した社員」がいなくても導入・運用できる、その理由

株式会社 物語コーポレーション さまの体験談はこちら
バックオフィス業務を削減し、本質的な業務に着手できるように
従業員数:約340名
#国産および輸入果物・加工食品・洋菓子販売、洋菓子製造、フルーツパーラー・レストラン事業

バックオフィス業務を削減し、本質的な業務に着手できるように

株式会社 千疋屋総本店 さまの体験談はこちら
株式会社ミキハウス様インタビュー
従業員数:約1,100名
#子ども服の企画・製造・卸売り・小売り

「従業員の働きやすさ」を追求する人事・労務のシステム選びとは?

株式会社ミキハウス さまの体験談はこちら
株式会社ミキハウス様インタビュー
従業員数:74,633名 (うち内務職員20,767名)
#生命保険事業、資産運用、ヘルスケア

計4,280時間を削減!日本生命が導入から3年でおこなった効率化の工夫とは?

日本生命保険相互会社 さまの体験談はこちら
従業員数:約900名 #菓子・スナック事業

湖池屋が経験した業務の「劇的な」変化、その全貌とは

株式会社湖池屋 さまの体験談はこちら
株式会社HOWA様 導入事例インタビュー
従業員数:3,420名(2021年3月末 グループ全体)
#自動車用内装部品の企画・開発・製造・販売

「デジタル化への反対」はどのように乗り越えることができるのか?

株式会社HOWA さまの体験談はこちら
福岡大学
従業員数:約5,000名 #学校法人の運営など

三つ折り作業に仕分け作業も、毎年派遣スタッフを雇っての年末調整作業はWeb化によって大きく変わる

福岡大学 さまの体験談はこちら
株式会社壱番屋
従業員数:約3,500名(パート・アルバイトを含む) #飲食事業

学生アルバイトが多く占める飲食業で、年末調整を電子化! 業務を合計1カ月前倒しで完了できた秘訣とは

株式会社壱番屋 さまの体験談はこちら
西日本旅客鉄道株式会社
従業員数:約27,000名 #運輸業など

基幹システムの改修、年末調整の電子化にあたり必要だったこととは

西日本旅客鉄道株式会社 さまの体験談はこちら
株式会社サンドラッグ
従業員数:約13,500名(パート・アルバイトを含む) #小売業(ドラッグストア)

導入4年目で年末調整の電子化を99.9%達成! サンドラッグが取り組んだ効率化の秘訣

株式会社サンドラッグ さまの体験談はこちら
株式会社大創産業
従業員数:約47, 000名 #小売業

47,000名の全国スタッフの年末調整を電子化へ! ダイソーが初年度から成功できた理由

株式会社大創産業 さまの体験談はこちら
株式会社ナリタヤ
従業員数:約1,150名(パート・アルバイトを含む) #小売り(スーパー)

個人情報等もストレスフリーかつミスも軽減!スーパーナリタヤがスムーズな導入を叶えた理由

株式会社ナリタヤ さまの体験談はこちら
キリンシティ株式会社
従業員数:約750名(アルバイトスタッフ含む) #飲食業

年末調整のペーパーレス化で業務工数を大幅削減。入社手続きや給与明細の電子化も推進

キリンシティ株式会社 さまの体験談はこちら
ポリゴンマジック株式会社
従業員数:200名規模 #デジタルエンタテインメントコンテンツの企画制作
舞台・映像・イベント制作事業

トライアルで使いやすさを実感して即決。年末調整やe-Govの申請工数を大幅削減できました。

ポリゴンマジック株式会社 さまの体験談はこちら
従業員数:284名/パート・アルバイト1,063名(2020年3月31日 現在) #飲食事業・ブライダル事業

ペーパーレス化で、本社も店舗も 書類処理がスピーディーに。

株式会社一家ダイニングプロジェクト さまの体験談はこちら
従業員数:4,334名 #住宅・不動産

年末調整書類配付とデータ入力の大幅な削減に成功!

ポラス株式会社 さまの体験談はこちら
株式会社スヴェンソンホールディングス
従業員数:813名(2021年4月現在 / グループ連結) #ヘアケア・コスメティック・スポーツ事業

問い合わせの手間も省略! 年末調整業務の時間が約半分に!

株式会社スヴェンソンホールディングス さまの体験談はこちら
従業員数:約140人(2017年12月末現在) #特別養護老人ホーム等の運営

役所への移動時間が削減。電子申請もわかりやすく、すぐに完了!

社会福祉法人 茨木厚生会 さまの体験談はこちら
従業員数:400名(2019年4月末現在) #小売り(アパレル)

電子申請義務化が導入のきっかけ。低コストで、大量の作業負担を軽減。

株式会社ANAP さまの体験談はこちら
従業員数:1,000人(2019年8月末 現在) #人材派遣

休日出勤や残業時間の課題を解決。 行政機関への手続きがボタンひとつで!

株式会社フォーラムジャパン さまの体験談はこちら

利用社数40,000※1 継続率99.3※2%

※1. 2024年04月末日時点 ※2. 2020年4月~10月までの全製品合計のご利用継続率(キャンペーン除外)

※上記シンボルマークはオフィスステーションシリーズのいずれかの製品をご利用いただいている企業のものです。