成功事例

スープストックトーキョーが「雇用契約」と「情報の一元管理」の課題を同時に解決した方法

株式会社スープストックトーキョー
  • 経営管理本部 人事部 部長 小林紀子 さま
  • 人事部 労務管理担当 マネージャー 岡田あさ子 さま
課題
  • スタッフ約1,600名の雇用契約対応に時間・手間がかかっていたこと
  • 大量の雇用契約を少人数の担当者で処理していたため、精度に不安があったこと
  • 雇用契約対応にあたる店長に時間的・心理的負担がかかっていたこと
  • 人事マスタが未整備で、スタッフ情報の把握・更新・管理が困難だったこと
導入の効果
  • 雇用契約対応に関する時間・手間の激減
  • 雇用契約処理の精度がアップ
  • 店舗スタッフがマイページ対応することで店長の時間的・心理的負担が軽減
  • 散在していた人事データを一元化
INTERVIEW

「雇用契約の管理精度を上げること」と「本社での人事マスタの必要性」からシステム導入

2022年からオフィスステーションを利用されていますが、導入の理由は何だったのでしょうか?

小林さま : 導入の理由は大きく2つありまして、一つは雇用契約の精度アップと効率化、もう一つはきちんとした人事マスタ(従業員情報のデータベース)が必要だったためです。

まず雇用契約の電子化から話しますと、導入以前は1,600名ほどの対象者に対し、すべて紙で対応していました。しかも、やり方が非常にアナログで、人事が用紙を印刷して配り、面談するという方法だったんです。

管理上の精度の低さが問題になり、まずは雇用契約を漏らすことなく更新できるような仕組みが必要ではないかと考えました。

また人事マスタについてですが、弊社は給与業務を外注している兼ね合いで、元々、人事に関するマスタのシステムを持っていませんでした。

しかし会社が成長を続け、人に関するさまざまな施策を打つなかで、しっかりした人事マスタを持ちたいという現場の要望から、人事システムの導入を検討しはじめました。

「雇用契約の管理精度を上げること」と「本社での人事マスタの必要性」からシステム導入

具体的に、どんな場合に人事マスタが必要だと感じられたのでしょうか?

岡田さま : 人事マスタがなかった当時は、情報がさまざまな場所に保管されていました。ですので、従業員についての情報を得るためには、まず「データを探す」という作業から始まり、非常に手間でした。また、データがさまざまな場所に保管されているゆえに更新が一度にできないという問題もありました。いずれも小さなことですが、そういったことが積み重なり、業務が非効率になっていました。

では、各店舗に雇用契約を任せていたことで起こった、具体的な課題を教えてください。

小林さま : 弊社の場合は多店舗展開をしており、短期間のうちに店長が代わることもあるのですが、雇用契約まわりの引き継ぎが複雑になり、店舗側の負担が大きかったんです。また、回収した雇用契約書のチェックも、人数が多いので店舗側の負担となっていました。

あとは、書類の保管に場所を取られるといった課題もありました。

そういった課題解決のツールとしてオフィスステーションを選んでいただいたということですが、導入に関して他社と比較されたときに、どういった点を重視されましたか?

小林さま : コスト、使いやすさ、アップグレードの頻度、そしてワークフローです。

労務管理システム導入時に特に重視したこと

特に重視された点を教えてください。

小林さま : コストと機能のバランスです。私たちが求めていたのは、人事マスタとしての機能、オンライン雇用契約、ワークフローの機能などでした。弊社は給与などの業務を外注しているため、そういった機能は求めていなかったんです。

全体のコストアップなくシステム化するために比較対象となったソフトはパッケージ型が多く、必要のない機能も含まれていました。そこでアラカルト型で業務単位で導入できるオフィスステーションを選びました。

実際に導入されるにあたり、技術的な面を含めて難しかった点について教えてください。

岡田さま : どのシステムについても言えることですが、初期設定などは少し手間取ることがありました。ただ、メールや電話、オンラインなどで的確にサポートしていただいたので、難しいところを乗り切れました。

オフィスステーションの画面は分かりやすいので、スタッフから複雑な質問はきませんでしたしね。

どのような部分に手間取りましたか?

岡田さま : 設定やページの遷移に関する理解の部分です。ただ、これはシステムを利用する上で少なからずあることなので。

オフィスステーションを始めとするSaaSの場合はいろんな機能がありつつも、「スタンダードな使い方」が明確なので、従業員が比較的シンプルかつスマートに対応できていると考えています。これとは逆に、カスタマイズの自由度が高いシステムはメリットもある一方で、自由度が高すぎるがゆえに「使い方がわからない」ということも起こりえます。

オフィスステーションはいろんな機能がありつつ、画面も見やすいというバランスがいいなと思っています。

店舗の従業員が事務作業ではなく「やるべきこと」に集中できる環境づくりのために

多機能性と使いやすさはトレードオフの関係にありますが、そのバランスをどう取っていくかという部分が重要ですので、そのあたりについてもしっかりと考えつつこれからも開発を続けていきます。では、実際に導入されたご感想を教えてください。

岡田さま : 導入はアルバイト(以下、パートナー)から進めています。本社としては、これまでは店舗経由で回していたフローについて、パートナー本人と本社とが直接やり取りできるようになったことで、ダイレクトに対応できるという点に良さを感じています。

店舗からの反応はどうでしょうか?

岡田さま : 雇用契約がすごく楽になったという声が挙がっています。パートナーも毎日出社するわけではないので、雇用契約書を回収するだけでも大変でした。店長が提出された契約書をチェックして本社に送って、ヌケ・モレがあれば送り直して……というやり取りが続くストレスがありましたが、そこが解消されたと思います。

あとは、電子化することで曖昧だった契約内容を精査し、明確にできました。進捗確認も圧倒的にやりやすくなりました。

提出できていないパートナーには本社からリマインドを出しています。店長からも声をかけてもらいますが、全体は本社がコントロールしているという安心感が、店舗側に生まれているようです。

これからは、「人でなくてもできる仕事」はオフィスステーションに任せられると考えています。

店舗の従業員が事務作業ではなく「やるべきこと」に集中できる環境づくりのために

スタッフの皆さま一人ひとりの負担を減らし、本来やるべき業務に時間を割ける環境を作るのがオフィスステーションの目指す形ですので、そのようなお話を伺えてすごく嬉しいです。

スープストックトーキョーの人事施策である「働き方開拓」ではさまざまな取り組みをされていますが、そのなかでオフィスステーションを利用される予定はありますか?

小林さま : 過去に弊社で働いていた社員・パートナーの中で希望する方に登録してもらい、バーチャル社員証を発行するという、「バーチャル社員制度」での利用を考えています。

この制度は退職後の方に割引を提供したり、メルマガ配信したり、試食会や社内イベントに招待したりするものですが、ゆくゆくは制度を通じてリファラル採用をおこなうことや、バーチャル社員の方々を組織化するなどのアイデアがあります。

それらのアイデアを実現するための課題が、「過去に在籍したスタッフの情報管理」です。これをオフィスステーションでできないかな、と考えています。オフィスステーションは退職後もマイページを保持できますから。

また、このような取り組みのためには、個人情報をセキュアな状態で管理したいので、その部分にもオフィスステーションが合っていると考えています。

デジタル化で数字を可視化し、経営戦略と結び付けられるように

人事部の喫緊の課題だった雇用契約更新は、オフィスステーションを導入していただいて解決したと思いますが、そのほかにデジタルで解決していきたい課題はありますか?

岡田さま : デジタルによって情報を集約することで、今まで何となく感覚でやっていた施策を、きちんと数字を出して対応していけるのではないかという期待はあります。この数字には、「現状を把握するための数字」と「将来に向けての数字」の二種類があり、これらをいかに使えるものにしていくかは課題というか、これから実現していきたい部分です。

小林さま : たとえば数字を可視化することで、これらを経営戦略と結び付けていく方法も考えていく予定です。

その数値を導き出すために、人事マスタとしてのオフィスステーションを活用するなど、そういう方向性になるだろうと考えています。

では最後に、御社の企業理念「世の中の体温をあげる」の実現に向け、個人レベルで取り組まれていることがあれば教えてください。

岡田さま : 人事・労務チームは基本的に表に出ることがないので、お客さまと日々接する店舗スタッフが楽しく安心安全に働ける環境を作ることですね。それが結果的に「世の中の体温をあげる」役に立つのではないかと考えています。

小林さま : 弊社の場合は店舗で働く方が多いので、パートナーも含めた全スタッフが楽しく働ける状況を作るため店舗に足を運んだり、スタッフと対面で話したりして、顔を見ながら話すという部分を非常に大切にしています。

本日は貴重なお話をありがとうございました!

「オフィスステーション 労務」の詳しい情報を見てみる

実際にどう変わったのか ご利用者さまの体験談

圧倒的なコスト削減と負担軽減を実現し、社内で表彰された「電子化」の詳細
従業員数:約4,500名(パートタイマー・契約社員を含む) #ビルメンテナンス業

圧倒的なコスト削減と負担軽減を実現し、社内で表彰された「電子化」の詳細

株式会社ボイス さまの体験談はこちら
“多拠点展開“と”柔軟な働き方“に伴う「手続き業務の多さ」を解決するために
従業員数:約500名 #情報サービス、印刷

“多拠点展開“と”柔軟な働き方“に伴う「手続き業務の多さ」を解決するために

株式会社KDC さまの体験談はこちら
人事・労務のデジタル化を進める第一歩として「Web給与明細」を選んだ理由
従業員数:約570名 #学校法人、教育

人事・労務のデジタル化を進める第一歩として「Web給与明細」を選んだ理由

学校法人常磐大学 さまの体験談はこちら
従業員数:約1,500名 #洋菓子製造・販売事業、喫茶・レストラン事業

「あらゆる手続き業務の効率化」を見据えたモロゾフが最初に解決した課題とは?

モロゾフ株式会社 さまの体験談はこちら
200以上の拠点とのやり取りをなくし「書類提出フロー」を1本化した効果とは?
従業員数:約900名 #不動産管理

200以上の現場とのやり取りをなくし「書類提出フロー」を1本化した効果とは?

総合システム管理株式会社 さまの体験談はこちら
スープストックトーキョーが「雇用契約」と「情報の一元管理」の課題を同時に解決した方法
従業員数:約1,600名 #飲食サービス業

スープストックトーキョーが「雇用契約」と「情報の一元管理」の課題を同時に解決した方法

株式会社スープストックトーキョー さまの体験談はこちら
「バックオフィス業務を本部に集約させながらも残業を減らす」仕組み作りのために
従業員数:約10,000名 #教育・医療

「バックオフィス業務を本部に集約させながらも残業を減らす」仕組み作りのために

学校法人順天堂 さまの体験談はこちら
新規予算なしで年末調整・労務手続き・マイナンバー管理を電子化した方法
従業員数:約2,000名 #学校法人、教育

新規予算なしで年末調整・労務手続き・マイナンバー管理を電子化した方法

学校法人関東学院 さまの体験談はこちら
「システム関連に精通した社員」がいなくても導入・運用できる、その理由
従業員数:約24,400名 #外食事業

「システム関連に精通した社員」がいなくても導入・運用できる、その理由

株式会社 物語コーポレーション さまの体験談はこちら
バックオフィス業務を削減し、本質的な業務に着手できるように
従業員数:約340名
#国産および輸入果物・加工食品・洋菓子販売、洋菓子製造、フルーツパーラー・レストラン事業

バックオフィス業務を削減し、本質的な業務に着手できるように

株式会社 千疋屋総本店 さまの体験談はこちら
株式会社ミキハウス様インタビュー
従業員数:約1,100名
#子ども服の企画・製造・卸売り・小売り

「従業員の働きやすさ」を追求する人事・労務のシステム選びとは?

株式会社ミキハウス さまの体験談はこちら
株式会社ミキハウス様インタビュー
従業員数:74,633名 (うち内務職員20,767名)
#生命保険事業、資産運用、ヘルスケア

計4,280時間を削減!日本生命が導入から3年でおこなった効率化の工夫とは?

日本生命保険相互会社 さまの体験談はこちら
従業員数:約900名 #菓子・スナック事業

湖池屋が経験した業務の「劇的な」変化、その全貌とは

株式会社湖池屋 さまの体験談はこちら
株式会社HOWA様 導入事例インタビュー
従業員数:3,420名(2021年3月末 グループ全体)
#自動車用内装部品の企画・開発・製造・販売

「デジタル化への反対」はどのように乗り越えることができるのか?

株式会社HOWA さまの体験談はこちら
福岡大学
従業員数:約5,000名 #学校法人の運営など

三つ折り作業に仕分け作業も、毎年派遣スタッフを雇っての年末調整作業はWeb化によって大きく変わる

福岡大学 さまの体験談はこちら
株式会社壱番屋
従業員数:約3,500名(パート・アルバイトを含む) #飲食事業

学生アルバイトが多く占める飲食業で、年末調整を電子化! 業務を合計1カ月前倒しで完了できた秘訣とは

株式会社壱番屋 さまの体験談はこちら
西日本旅客鉄道株式会社
従業員数:約27,000名 #運輸業など

基幹システムの改修、年末調整の電子化にあたり必要だったこととは

西日本旅客鉄道株式会社 さまの体験談はこちら
株式会社サンドラッグ
従業員数:約13,500名(パート・アルバイトを含む) #小売業(ドラッグストア)

導入4年目で年末調整の電子化を99.9%達成! サンドラッグが取り組んだ効率化の秘訣

株式会社サンドラッグ さまの体験談はこちら
株式会社大創産業
従業員数:約47, 000名 #小売業

47,000名の全国スタッフの年末調整を電子化へ! ダイソーが初年度から成功できた理由

株式会社大創産業 さまの体験談はこちら
株式会社ナリタヤ
従業員数:約1,150名(パート・アルバイトを含む) #小売り(スーパー)

個人情報等もストレスフリーかつミスも軽減!スーパーナリタヤがスムーズな導入を叶えた理由

株式会社ナリタヤ さまの体験談はこちら
キリンシティ株式会社
従業員数:約750名(アルバイトスタッフ含む) #飲食業

年末調整のペーパーレス化で業務工数を大幅削減。入社手続きや給与明細の電子化も推進

キリンシティ株式会社 さまの体験談はこちら
ポリゴンマジック株式会社
従業員数:200名規模 #デジタルエンタテインメントコンテンツの企画制作
舞台・映像・イベント制作事業

トライアルで使いやすさを実感して即決。年末調整やe-Govの申請工数を大幅削減できました。

ポリゴンマジック株式会社 さまの体験談はこちら
従業員数:284名/パート・アルバイト1,063名(2020年3月31日 現在) #飲食事業・ブライダル事業

ペーパーレス化で、本社も店舗も 書類処理がスピーディーに。

株式会社一家ダイニングプロジェクト さまの体験談はこちら
従業員数:4,334名 #住宅・不動産

年末調整書類配付とデータ入力の大幅な削減に成功!

ポラス株式会社 さまの体験談はこちら
株式会社スヴェンソンホールディングス
従業員数:813名(2021年4月現在 / グループ連結) #ヘアケア・コスメティック・スポーツ事業

問い合わせの手間も省略! 年末調整業務の時間が約半分に!

株式会社スヴェンソンホールディングス さまの体験談はこちら
従業員数:約140人(2017年12月末現在) #特別養護老人ホーム等の運営

役所への移動時間が削減。電子申請もわかりやすく、すぐに完了!

社会福祉法人 茨木厚生会 さまの体験談はこちら
従業員数:400名(2019年4月末現在) #小売り(アパレル)

電子申請義務化が導入のきっかけ。低コストで、大量の作業負担を軽減。

株式会社ANAP さまの体験談はこちら
従業員数:1,000人(2019年8月末 現在) #人材派遣

休日出勤や残業時間の課題を解決。 行政機関への手続きがボタンひとつで!

株式会社フォーラムジャパン さまの体験談はこちら

利用社数35,000※1 継続率99.3※2%

※1. 2023年10月末日時点 ※2. 2020年4月~10月までの全製品合計のご利用継続率(キャンペーン除外)
※オフィスステーションシリーズのいずれかの製品をご利用いただいているユーザーです。